×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブランドとは

ブランドとは

ブランドとは何か? 辞書によれば、(焼印の意)商標や銘柄。特に、名の通った銘柄。 あるいは、特定生産者による品物(の全体)とあります。

このように、ブランドとは元来、「焼印」のことで、その識別手段としての「名前」や特定生産者による「商品」を意味する言葉です。

製品につける名前、あるいは、すでに名前がついた製品そのものを言い、これが転じて、他と区別できる特徴を持ち、価値の高い製品のことを指す場合があります。

また、自社製品を他社製品と区別させることを意図して設計された、名称、言葉、シンボル、デザイン、もしくは、それらの組み合わせで、商標(トレード・マーク)と呼ばれることもありますが、これが法的な用語であるのに対し、ブランドは一般的な用語として使われております。

すなわち、ブランドとは、ある財やサービスを、他の同じカテゴリーに属する財やサービスと区別するためのあらゆる概念で、財サービスと消費者の接触点において接する、財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するためのメディアの特性や消費者の経験、それに、意思や思想などが加味され、その結果として、消費者の中で、当該財サービスに対して出来上がるイメージの総体ともいえます。

今日では、消費者に対して、製品・サービスの出所表示や品質保証などを与えるだけでなく、場合によっては、製品属性や機能を超えたステータス等の象徴的な価値も提供しております。 また、同一製品カテゴリー内に、複数のブランドを展開するマルチブランド戦略が採用されることも多いようです。

一方、全国的有名メーカーの製品ブランドは、ナショナルブランド(NB:national brand)、大手の卸や小売企業によって開発された自社ブランドは、プライベート・ブランドと呼ばれます。



 

サイトマップ