×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

機能ブランドの有効性

機能ブランドの有効性

ブランドが商品の選択にどの程度影響を与えるかは、消費者の評価能力の有無や、商品評価の難易さなどによって、機能ブランドが機能する程度は異なります。

そもそも、機能ブランドの存在基盤は、消費者が絶対的な尺度に基づいて商品を評価することが出来ないため、商品の選択や評価に対する不安感にあります。このため、その不安の程度が大きい商品ほど、選択時におけるブランドの影響は大きくなります。

一般に、高度な技術を要する商品などのように、消費者がその商品を評価するためには、専門的知識や能力が要求される商品ほど、評価不安は大きくなって行きます。

さらに、この評価不安は、高価格帯の商品や、使用期間が長期にわたるなど、選択によって消費者に与える影響が強い商品ほど増幅されます。

その一方で、例えば医薬品のように、法律による規制がある場合や、頻繁に購入する場合などは、逆に減殺されることになります。

すなわち、選択や評価不安の程度が大きければ大きいほど、機能ブランドが購入の決め手となるのです。


 

サイトマップ